もののけ姫とハンセン病|ジブリ都市伝説


ジブリ史上、最大の費用が投じられ世界からも評価の高いもののけ姫。もののけ姫には知られざる都市伝説が存在していた。それはハンセン病と深い関係がある設定である。

もののけ姫の物語中盤で出てくるタタラ工場。工場を統括するエボシは、人里離れた場所にこの工場を持っている訳ですが、それはなぜでしょうか。

ヒントはタタラ工場でのエピソードにありました。タタラ工場には包帯を巻いた人たちがいます。彼らはハンセン病を患っているのです。

タタラ工場で「行くあてのない私たちをエボシ様だけが受け入れてくれた」という台詞を聞く場面があります。実は当時の日本ではハンセン病を患った患者は社会的に差別の対象となっていました。

もののけ姫のタタラ工場でエボシがいう”業病”とはハンセン病を意味する言葉だったのです。

また、もののけ姫の制作費が過去最大規模となる異例の金額となったのにも訳があります。ジブリは当時、自社の作品や関連商品がヒットした事もあり、多額の売上げを得ていました。収益に対してかかる税金も莫大な金額になっていたといいます。それゆえジブリでは税金対策をする必要があったそうです。

税金対策には経費を使う事が最もいい。そうです。もののけ姫に多額の費用が費やされた理由は税金対策だったそうです。しかし、税金対策であった作品がジブリ史上でもトップクラスの興行収入を得てしまった事はジブリにとっても予想外だったに違いありません。>スタジオジブリの都市伝説まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] もののけ姫とハンセン病|ジブリ都市伝説 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です