胴着の上の顔|実際にあった怖い話


高校時代、私は剣道部に所属していました。
ある日友人と稽古をしようと練習場の奥にある準備室へ向かいました。

胴着をとろうと思いましたが、

「きゃー!」

友達の悲鳴です。見ると準備室にある胴着に落ち武者の様な顔が
浮かんでいました。

その胴着は気味が悪かったので校庭で焼いてしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です