東京ディズニーランド(TDL)は手相を参考に作られた!?|ディズニー都市伝説


ディズニーの創始者である、ウォルトディズニーはスピリチュアル好きで有名である。彼はアメリカのパワースポットとして有名なアリゾナに別荘を作ったほどスピリチュアルにハマっていたのである。

そんなウォルトディズニーは東京ディズニーランド(TDL)を作るときも、その土地にあるスピリチュアルな要素を取り入れたいと懇願したそうです。

そうしてできた東京ディズニーランド(TDL)にはある秘密が隠されています。

それは、東京ディズニーランドは手相を参考に作られているという真実です。

手相には生命や財運、金運など様々な運気に関する線が手に刻まれているとされています。なので、ディズニーランドのアトラクションは手相の意味にそって建設されたのでした。

ディズニー都市伝説

ディズニーランドを大きな手とします。

まず、金運を司る手相が現れる場所にはビッグサンダーマウンテンがあります。ビッグサンダーマウンテンはゴールドラッシュのアメリカをモデルにしているため、金運上昇のシンボルとされました。

そして、子宝線があるところにはイッツアスモールワールドが、結婚線があるところにはシンデレラ城があります。

また、財運線のある場所には何があるかというと、ワールドバザール。ディズニーランドへ行くとついつい本当は必要ないお土産やプレゼントを購入してしまうのはこの手相が影響しているのかも知れません。

そして、右手と左手はそれぞれ過去と未来を意味します。なので、東京ディズニーランドのアトラクションはディズニーランドを右左に分けると過去をモチーフにしたアトラクションと未来をモチーフにしたアトラクションに別れるのです。

東京ディズニーランド都市伝説&ディズニーシー都市伝説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 東京ディズニーランド(TDL)は手相を参考に作られた!?|ディズニー都市伝説 […]

東京ディズニーランド都市伝説&ディズニーシー都市伝説|厳選50話 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です