「誘拐事件」東京ディズニーランドの都市伝説


ディズニーランドの都市伝説の中でもポピュラーな誘拐事件の話。
東京ディズニーランドでは人身売買を生業としている黒い組織が園内をうろついているという噂。

ある親子連れが東京ディズニーランドを訪れた際の出来事だ。
親子は父・母・幼児(女の子)の3人で訪れていて、1日中ディズニーランドのアトラクションを楽しんでいたのだそうだ。

しかし、エレクトロニカルパレードを見ているとき、母親がある事に気づく。
子供がいない。いつの間にかすぐそばにいたはずの我が子がいなくなっているのである。

親子は我が子を必死に探したが、ついに見つける事はできず、ディズニーランドの迷子センターへ行った。
係員へ事情を説明すると、担当者は顔色を変えて、園内の出入り口を1カ所をのぞいて封鎖した。

そして、夫婦を1カ所だけの出入り口に案内して、こう言った。

「事情は理解できますか?ここで、お子さんが通るかどうかを確認してください。」

夫婦は担当者の言葉で事情を理解した。そして、何百人もの出入り口を通過する人々をくまなくチェックした。

そして、十数分後、「・・・あっ!あれです。」担当者に言った。

夫婦たちは一瞬、見逃してしまうところだった。なぜならその我が子は男の子の格好をさせられていて、髪を短く切られていた。ぱっと見では男の子にしか見えない我が子(女の子)だったからだ。

母親が女児のアニメキャラクターが描かれた彼女の靴に気がつかなければ見逃していた。

ディズニーランドの係員たちは子供を連れたその男を取り押さえた。

そして、夫婦の子供は彼らのもとに戻ったという。

しかし、ディズニーランドでは子供が連れ去られ、戻ってこない事件が後を絶たないという。
誘拐されてしまった、子供たちは児童ポルノに出されたり、人身売買で海外へ売られたり、時には臓器売買の商品になってしまう事もあるそうだ。子供の臓器は高値が付くのだそうだ。

子供がたくさん集まり人で溢れている東京ディズニーランドはこうした黒い組織たちの標的になりやすい。

>ディズニー都市伝説まとめへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 「誘拐事件」東京ディズニーランドの都市伝説 東京ディズニーランドは誘拐の温床になっていた?その真相にせまる。 […]

  2. […] 以前の記事「誘拐事件」東京ディズニーランドの都市伝説でディズニーランドが誘拐事件の温床となっているという都市伝説を紹介したが、今日は実際に犯罪者として指名手配されてい […]

市橋容疑者とディズニーランド|東京ディズニーランド都市伝説 | 都市伝説JAPAN にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です