チップとデールの鉢合わせ|東京ディズニーランド都市伝説


チップとデールのはち合わせ

ディズニーのキャラクターでシマリスのコンビと言えば、チップとデールである。

チップとデールの名前の由来は家具デザイナーのトーマス・チッペンデールから着ているという。

チップとデールの都市伝説は「はち合わせ」である。

チップとデールはコンビなのでアニメーションの中ではいつも二人一組で行動をともにしている。ディズニーランドの園内でもそれは一緒でチップとデールはいつも2人で行動している。

ある日、ディズニーランドで事件は起こった。

にぎわう園内。その日の来場者数は普段よりもやや多めだったという。

たくさんのディズニーゲストに囲まれるディズニーキャラクターたち。その中にチップとデールのコンビもいた。たくさんの子供たちがシマリスの愛らしい姿に惹かれて集まってくる。子供の相手をしながら移動するチップとデール。

その時、チップとデールは人だかりができたところへと進んで行った。その人だかりの中には自分たちと同じ姿のコンビがいた。そう。チップとデールははち合わせてシマリス4人組になってしまった。

七人の小人がはち合わせて、十四人の小人になってしまったという話もある。バレーボールができる人数である。

小人のバレーボールを個人的には見てみたい気はする。誰がスパイクを打つのかという問題が起こるだろう。>東京ディズニーランド都市伝説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] チップとデールの鉢合わせ|東京ディズニーランド都市伝説 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です